男と女

アクセスカウンタ

zoom RSS 女子に、衣食住神様を植え付けよう

<<   作成日時 : 2018/06/11 04:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像一昔前は女の子は経済力のある男性と結婚して 、できれば相手の親にも可愛がられて 元気な子供を産んで良妻賢母になるように育てられました
つい最近まで女子は経済力のある男性と結婚して専業になることが女の花道と言われてました が ところが今や状況は大きく変化してます 一人で家族全員を養える力のある男性はどれだけいるでしょうか?
女性が結婚願望が少なくなり 結婚しても3組に一組が離婚する時代です
女性の永久就職先ではありません、ですが以前と続いている男女間の差別等 (周りの環境の歪んだ残像等) 影響しあいさらにセクハラモラハラなど女の子にとっての障害はとても多いのですが 嘆いてばかりいても始まりません
この難関も上手に生き抜くためにも女子力をしっかり身につけておきたいものと思います

お母さんから生まれてくるの女の子だけではなく 男の子も生まれてきます

お母さんは未来のお父さんも育てているのです

お父さんは お父さんのお母さんの子供なのですもちろん男性がいるからこそ命が宿るのですが

 お母さんと言う 仕事はとてつもない力を秘めており重要で責任の重い大切な役割であることを認識しましょう


 結婚する。子供を産む。独身で暮らす。は本人の選択によりますが、女だから結婚する?少し違うと思います

女性は女性の特性を生かした生き方が有るでしょうが、その前に、一人の人としての 考えも大事と感じます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここでは女の子のお話なので, 特にお母様は自分自身を人と比較せずにありのままにまずは自分を愛しましょう
お母様の心が不平不満でいっぱいですと我が子に優しさや愛情を伝えるのは難しくなります
もし自分を愛することができなかったらば,自分自身を必要以上に卑屈にならず,
また人を羨だり  ,他人と比較して優劣を決める等の必要もありません
自分自身を受け入れていくことが大切です,
そうすることで自分だけではなく人のことも 愛せるようになり また人に愛してもらうことができるようになります

自分で幸せを得るために着実に欲しいものを手に入れる女の子にしたいものです

そうなるためには
   経済的自立、つまり自分で稼げる女になる
お金で全てが買えるわけではありませんが少なくとも、不幸を避け自由を買うことはできます

  U精神的自立する力をつけましょう  
夫や親や子供に頼るのではなく自分の人生を自分自身で選ぶことです
そしたらば周囲に振り回されることはなくなります



画像

上記の1からUを個別に書いてゆきます



1経済的自立、つまり自分で稼げる女になる
 社会思想等 環境が一気に変わるわけではありませんが一人の人間とし生きるのに困らない為に
 経済的自立も考える必要が有ると思います


現代でも男性に幸せにしてもらいたいっていう願望が今も見え隠れしてます、間違いではありませんが
これは非常に危うい考えですね、

その理由は
 自分でお金を稼げないということは人生という航海を他人船に乗せてもらうことです
行き先のわからない誰かの船に乗せてもらい いきなり船から降ろされたらどうなるでしょうか 、
女の子お持ちのお父さんお母さん魚の取り方さえ教えておけばよかったと後で後悔しないように早めに手を打っておきましょう

一生食べていける仕事に就かせることをお勧めします

人をあてにして暮らす不自由さ 養ってもらう不自由差を事有る毎に話しましょう


子供に経済観念を植え付け、子供の要求を100%満たすのではなくほどほどに我慢させることをしましょう
自分で稼げるようになったら手に入れましょうね! なども良いかもしれません

子供にしっかりした経済観念を植え付けましょう
親子で買い物に行った時は,これ一ついくら,高い安いなどの話をしながら,
さんま一匹100円アイスクリーム一個100円,同じ100円でも100円の内容が違います
そのような話を普段から家族で話していますと子供は自然に物事を比較する力を養っていきます,
100円ショップでの買い物などは他のものと比較する時のとても良い材料だと思います,

このような数字的な話をすることは,論理力、推理力、が養われ物事の判断にはとても有益な土台になることと思います、子供に質問されたらば子供が理解できるように答えてあげましょう、分からない時は一緒に考えましょう、うやむやにすることはとても残念なことです、高い学費を払わずとも家庭でしっかりした教育ができるチャンスです、

前にも書かせていただきましたが生まれてきた時から聴覚神経はしっかりと発達していますので
2〜3歳で話の内容が理解できなくとも親が子供の前で高いネ 安いネ というだけで頭の中ではぐるぐるとその信号が回っています、後にその信号は何かのチャンスの時に大きく繋がりしっかりした考えになって行きます、例えば金の斧鉄の斧とか絵本に出てきますがそのような時でも金は高いもの鉄は金より安いものと親が示すだけで子供の頭の中にはしっかりと繋がっていきます
しかし絵本の世界だけではなく現実の世界で普段から親が会話をしているとより一層深く絵本の世界と結びつき現実のものとしてその頃の脳にしっかりと染み込みます、
これが三つ子の魂なのです

数値的論理力は お金の話や身近な生活の中で小さい時からしっかり潜在意識に刷り込むことがとても大切と思います
おやつの時間にイチゴをひとつふたつと数えながらお皿に入れる
果物を半分に切って二分の一個ねと話す、またメロンやスイカなど大きなものを6等分に切ったり三等分に切ったり言葉に出しながら作業をし1/6を皿に載せるよとか1/2を皿に乗せるようとか話すことで数字の違いを理解していきます
数字の理解だけではなく図形の理解にも大きく役立っていき その先は推理能力に結びついていきます

日常の生活の中で子供に教えることは多くあり、親子で楽しい
家事生活をしてみるのも良いのではないでしょうか

テレビや絵本などことあるごとにお金があることのメリット話して聞かせましょう
この人はどうしていい仕事につけなかったのかしら
この人もう少しお金があったら子供と幸せに暮らすたのにねな あ〜 残念ね お気の毒、どうしたらよいのかね
と子供に考える素を聞かせましょう
お金が有るから全てうまく運ぶ等少し変ですが お金で時間を買うこともでき、困った時代替えの役に立ちます
画像


自分で稼げる女になる魔法の言葉
やっぱり仕事持ってる女の人ってかっこいいね
なんだかんだ言ってもお金がないと家族を守れないよね等等
沢山を現実を事有る毎に 無意識の世界に刷り込みましょう
世間ではお金の汚さを強調する風潮がありますが、お金は大切に使う必要があることを教えておきましょう

学問は出来る限り高学歴になることが近道です、今時と言われるでしょうが学歴がなく拒否される社会はまだまだ続いてます
画像


自分で稼げるようにするために絶対にしゃべってはダメなこと
1、結婚や出産などの良いところだけを強調して話す


2、家事などの手伝いを娘だけにやらせる

3、女の子だからと勉強を頑張らせない、成績に期待をしない

4、可愛らし(幼稚)さを、無力さをアピールすることを推奨しない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   U精神的自立する力をつけましょう  
夫や親や子供に頼るのではなく自分の人生を自分自身で選ぶことです
そしたらば周囲に振り回されることはなくなります
 
自立させる親は、子供が行動しやすくなるように、アドバイスや励ましをする親のことです。

大切なことは、とにかく行動してもらうことです。

行動しないことには、何も始まりません。これが重要だ

往々にして、「あれも難しい、これも難しい、全部難しい、そんなに世間は甘くない」と、子供を脅します。

 脅かすつもりはなくも自然に何気なくに脅かしているのです


怯えて、余計に行動しなくなってしまうだけです。 「難しいかな」という質問には「簡単だよ」と答える。これだけ
 子供は苦しい経験をしながら、大切な人生の勉強を学びます。経験や自信につながります

 甘やかす と 甘えの違い

甘やかす は

 たとえば「外に遊びに行きたい!」と言っている子供に「危ないからやめなさい」というのは、甘やかしているだけです。危険からの「隔離状態」です。

小さい時には子供が甘えるのは当然です,
甘える場所がとても大事なのです,
それはどんなことでしょうか
 外が寒くても飛び出して遊びに行きますし、少々危ないところでも危険を気にせず飛び込んでいきます。
もちろんけがをすることもあるでしょう。失敗して泣くこともあるでしょう。
そんなときには、子供は親に「甘えても」いいのです。

 泣けば辛さも収まり同じ失敗を繰り返さないのにはどうしたらよいか考える力が湧いてきます
子供はある程度のけがをして「痛みを知る」ことが必要なのです。
まずは子供に経験をさせることが、子供の成長になるのです。

 子供の間違いを親が補強するのではなく,失敗した悲しい気持ちを親子で受け止めどうしたら上手くいくか考える力 を 引き出すことです

 その家その家で暮らし方があります
例えば吾が家はインスタントものは使わないなどある時に 子供がおばあちゃんが作ってくれたラーメンを食べたいなど入った場合どうしましょうか
我が家ではラーメンは食べないことになっているの、はっきり言いましょう理由を聞かれたら論理的にそれを説明しましょう
子供じゃあどうしておばあちゃんは食べるのと聞くかもしれません
それはおばあちゃんのやり方だからですと言えばいいのです
我が家との違いを意識させる上でも重要なことです
それでも納得できない場合はあなたが私が言ったこの理論を覆す良いことがあればそれに従いますと言えばいいのです

何事も全部同じというのはおかしな話です
人の顔が変われば考え方も変わります、それを小さい時から認識することはとても大事なことです


 まずは心身ともに健康であること
 将来的には親や夫や子供に経済的精神的に依存してないこと
 自分の人生の責任をしっかりとれる能力や覚悟がモテること

女性としての柔らかさや暖かさを保ち自分らしい人生を生き抜く力をつけて育ってほしいものです















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女子に、衣食住神様を植え付けよう 男と女/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる